機材

戦闘態勢

いよいよ今度の日曜に迫ってきました、
aurarica2009年2発目のライブ。
今年最後になるかもと噂されておりますが…。

さて、Ko-yo的には今回新兵器を導入。
ライブ前にネタバレですが、
KORGのmini-KPです。

しかしこれ軽すぎて固定しないといけない。
そこで、どん。
090626_015001

わかるかな?
テープで固定しました(笑)
3Mですよ、3M。
しかも、この上に文字が書けるやつ。
なので、X50の画面の下にも貼り
音色リストを書き込みました。

ライブ前という実感がじぇんじぇん無かったんですが、
にわかに緊張感が漂ってきましたよー。

ライブの詳細はauraricaの
オフィシャルHPまで→こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X50アップデート

Ko-yoのメインシンセ
KORG X50のシステムアップデータが
発表されました。
って言っても1ヶ月近く前ですが…。

Index_p

詳しくはこちら
X50アップ・データ
X50のバージョンアップは初めてじゃないですか?
こんな低価格のシンセでも
パソコンからシステムを
アップデートする時代になりましたか。
最近のシンセはUSB付いてるのあたり前だもんね。

何で1ヶ月近く放っておいたかと言うと
auraricaのブログでわかるように
某ギタリストのパーティーがありまして、
それまでに不具合起こったら
タマらんと。

やってみたら、あら簡単。時間もかからず。
やっときゃ良かったと…。

今回の追加機能ではプログラム・ネーム・ソート機能は
正直どうでもいいとして、
フェイバリット機能が結構使えんじゃないかな。
プログラムやらコンビやら関係なく登録できる
みたいなので、ちょっと使ってみよっかな。
ま、使い方考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Stylus RMX 1.7リリース!

Spectrasonicsから
Stylus RMX 1.7がリリースされました。

090118_rmx17

Stylusのユーザーなら無料でアップデート可能です。
Spectrasonicsは一回登録すると
アップデートは毎回無料なんですよね。
しかもアップデート内容がバグの修正とか
そういった小さいものでなく、かなりのおまけ付き。
だから好きなんだよSpectrasonics(笑)
ちなみに今回は再オーサライズが必要です。

今回の目玉は、新しく搭載された機能「Time Designer」。
めちゃくちゃおもろい!
リアルタイムに拍子を変えることができたり、
手数を増やすのではなく、減らしたりできる。

例えば、
ハチロク(8分の6拍子)の曲とか、ループがあまりなくて
自分で打ち込んだりしなきゃいけないことが
多々あるんだけど、これを使えば
4分の4拍子のループでも簡単にハチロクに。
素材探しに悩まなくても良いじゃん!、みたいな。

あとは、Omnisphereで搭載されたエフェクトが
追加されたり。かなりのおまけ付き(笑)

Trilogyの後継機、Trilianのプレビューも公開されてて
これからも楽しみです。
ただ、我が家のMacのスペックが
追いつかなくなってきてるのが悩みのタネです…。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

新兵器!

やばい…。
ログインのパスワード忘れかけてた。
どんだけ更新してないんだと(笑)

ライブの終了を待っていたかのごとく、
忙しい日々がどっと押し寄せています。
目まぐるしくて、堂本剛じゃないけど
正直しんどい(笑)

そんな自分にご褒美(?)を。
Nanominikp

KORGの
KAOSS PAD mini-KP
nanoKONTROLです。
mini-KPは中古でアダプター付きでした。
nanoKONTROLは新製品なので
新品でブラックバージョンをチョイス。
白と好みが分かれる所ですが、
Ko-yo的には黒のがクールかなと。
12月入ってから予約をしてたんですが
12月11日発売で、12日には到着してました。
もっと売れてて、品薄のため
1ヶ月くらいかかります
とか言われるのかと思ったら意外と
すんなり購入できた形です。
売れてないのかな(笑)

どちらもライブで使用したいと思ってます。
nanoKONTROLなんかはレコーディングでも
活躍しそうですね〜。
ちなみにメンバーはまだ知りません(笑)

しかし、この忙しさの中、
中身を開けたのが今日で
まだ触ってもないという状態…。
使用感などのレポートは
まだ先になりそうです…。
早く、遊びて〜。

aurarica オフィシャルHP
こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KORG続報

KORG nanoシリーズに
ブラックバージョンが出るらしい。
同時発売ということかな?
Korgnanoblack

11月末発売。それにしても安い(笑)
nanoKEY 4,980円(税込)
nanoPAD 5,980円(税込)
nanoKONTROL 5,980円(税込)
11月のライブにKONTROLを導入しようと
考えてましたが間に合わないかなぁ…。
買うとしたらやっぱKONTROL。
あとPADも魅力。KEYはいらないかな。

あと、M50。
こちらは発売済み。
61鍵で99,800円(税込)。
こちらもスペックを考えると安いかな〜。
M50

最近は黒が流行り?
Ko-yo使用のX50も黒ですけどね。
白とかのが目立つと思うんだけど…。

Ko-yo参加のバンドはこちら。
aurarica(アウラリカ)
LIVEの詳細はこちら。
aurarica公式ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KORG nanoシリーズ

おいおい。
10月発売じゃなかったのかよ…。
音沙汰がないから、ちょっと発売遅れるのかなと
チラッとHP見たら、
Korgnano

11月下旬発売って…。
ライブに間に合わねぇー…。
今回のライブに導入しようと
画策してましたが、諦めます。

Ko-yo参加のバンドはこちら。
aurarica(アウラリカ)
LIVEの詳細はこちら。
aurarica公式ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お洒落なシンセ

何だこれ。
Omega
メーカーHP
目覚まし時計か?とか思ったけど
実は「omega orion」という
あのスタンリーキューブリックがデザインした
シンセなんだそうです。
サイトを見てもさっぱり…。
どういうシンセなんでしょう。
ま、お洒落なデザインではありますが。

お洒落と言えば、Ko-yo的にこのシンセ。
Me_memotron
メーカーHP
「MEMOTRON」というメロトロンのデジタル版。
Dream Theaterのジョーダン・ルーデスの
セットに組まれてました。
You Tubeでデモ演とか見れますよ。
Ko-yoも所有してますG-MEDIAのM-Tronの
音色データも読み込めるとのこと。
正直、あまり欲しくはないけど(笑)
部屋に置いてたらお洒落かなーと。

でも所詮妄想。お値段もそこそこします。
お洒落なシンセもいいけど、庶民のシンセ弾きには
やっぱり実用的なものが一番だと思ったKo-yoでした…。

Ko-yo参加のバンドはこちら。
aurarica(アウラリカ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コルガー

KORGユーザーを「コルガー」と
個人的に呼んでます(笑)

LINKIN PARKのマイク・シノダはTRITON、
Dream Theaterのジョーダン・ルーデスと
難波弘之さんはOASYSをセットに組んでますね。
DURAN DURANはニック・ローズとジョン・テイラーの
Radiasとサイモン・ル・ボンのmicroKORGで
(ドラムのロジャー・テイラーはエレドラ。メーカーは??)
エレクトロ・セットというのを組んだりしてます。

B'zの長年のバックメンバー増田隆宣さんは
M3、Radias、TRITON 、OASYSといった正に
コルガーな仕様(笑)でセットを組んでます。
最近では、abingdon boys schoolの岸利至さんが
M3、Radias、R3、KP2、KP3、mini-KP、KAOSSILATOR
これにCDJ(Technics SL-DZ1200かな?)
という豪華ラインナップでツアーをやってました。
なんとも羨ましい(笑)
これで岸利至さんはKo-yo的
要注目人物になりましたから(笑)

Ko-yoもKORG大好きのコルガーです。
LIVEメインシンセは現在KORG X50ですが、
その前はX5でした。これでピンときた方はコルガー(笑)
PE'Zのヒイズミマサユ機もX5の後、現在はX50を
使用してます。PE'Zは好きですけど、
影響は受けてません(笑)たまたまなんです。

そんな中、新製品。
M50
メーカーHP
ワークステーションタイプなのに軽い。
しかもタッチビューですよ。
多分10万ちょいはすると思いますが
X50持ってなかったら、これにしてたかも。
これの発表に伴ってM3は「Xpanded」(拡張版)
になりましたね。こっちのが欲しい…。

さしあたってKo-yoに必要なのはこっちかな。
Korgnano
メーカーHP
KORGのnanoシリーズ。
microKONTROL持ってるけど
LIVE用に欲しい…。
物欲は絶えることないッス(笑)


Ko-yo参加のバンドはこちら。
aurarica(アウラリカ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Spectrasonics Omnisphere

Spectrasonics社の新顔「Omnisphere」が
10月下旬に日本発売されるみたいですね。
本国では発売済みです。
「Atomosphere」からの
アップグレードもできるみたいですね。

Omnisphere_teaser

かなりの容量(40Gて!)入ってるみたいだし、
VSTプラグインで有名な「Delay Lama」が
エフェクトとして入ってるみたいだし、
アルペジエーターが強力みたいだし。
欲すぃーなー。
何と言ってもStylusと完全に同期できる
Groove Lock™という機能がたまりません。

Spectrasonics社製品は
Stylus RMXとTrilogyを使っていますが、
インターフェイスが非常に使いやすく出来てるんですよ。
音ももちろん大好きで、曲を作るときは
絶対この2台は立ち上げます。

そのSpectrasonicsの集大成とも言える
このOmnisphereがあれば、他の機材売っても
いいんじゃないかなって一瞬思いましたが、
ウチのMacくんでは動きません…。
Atomosphereで我慢するか…。


Ko-yo参加のバンドはこちら。
aurarica(アウラリカ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第13回機材紹介

その他。

Livestyle

ライブ時のKo-yoの右手にあるシステムです。
こんな風になってます。
左側にミキサーを置いたり、
その他iPodを置いたり
もっと荷物は増えますけどね。
どこにでも売ってる「シェルフ」を
台にしてるので生活感を醸し出してると
メンバーには不評です…。
せめてもの抵抗で、向こう側にアルミを貼って
その上からauraricaのロゴステッカーを貼って
オリジナル感を出してます(笑)
台に貼ってある肌色のものは
滑り止めです。これも生活感が…(笑)
見えない見えない。
ちなみにライブでは、このシルバーの
スタンドはX50を乗せて正面に置きます。
で、もう一台会場で借りて、
このシステムを乗せて右手に置いて
L字にセッティングしてます。
auraricaのオフィシャルHPの「Gallery」
というページにライブ時の写真があるので
興味がある方はそちらで。

Buffalohd

BUFFALOの外付けHDです。
何ギガだっけな?Leoから譲り受けました。
auraricaのレコーディングデータ
が入ってます。大事なものですね。
これがイカレるとKo-yoがパニクります(笑)
もちろんバックアップはとってますが。
これはレコーディング用機材ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

お知らせ | 日記 | 機材 | 趣味 | 音楽